デリカD5(マイナーチェンジ前)オーバーフェンダー 激安直営店

デリカD5(マイナーチェンジ前)オーバーフェンダー
ご覧頂きありがとうございます。デリカD5マイナーチェンジ前オーバーフェンダーです。 某オークションにて中古品で購入しましたが取り付ける機会がなく出品いたします。 写真2枚目の赤丸欠けております。 メーカーMADLYS? 幅30㍉ 色マッドブラック(自家塗装) 中古品になりますのでご理解のある方よろしくお願いします。 また、写真の物がすべてとなりますので取り付け説明書、金具等はございませんのでご了承ください。 追記 発送サイズ約220㌢ 素人放送につきご理解いただきますようお願いします。
【オリックス-ヤクルト】四回裏オリックス無死、吉田正が左前安打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影 拡大
【オリックス-ヤクルト】四回裏オリックス無死、吉田正が左前安打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影

ヤクルト―オリックス(25日・京セラ)

 厳しい攻めに負けず、バットを振り切った。オリックスの主砲・吉田正尚は徹底して内角を突かれても動じずチーム初安打を放ち、打線を勢いづけた。

 四回、先頭打者として打席に入った。2ボール1ストライクからの4球目、ヤクルトの先発左腕・高橋奎二が投じた内角の147キロ直球に反応した。厳しいコースで詰まらされたが、持ち前のパワーで押し負けない。フラフラッと上がった打球が遊撃手と左翼手の間で弾みチーム初安打。得点にはつながらなかったが、その後、宗佑磨の二塁打も飛び出すなど、序盤の重苦しい雰囲気を吹き飛ばした。

 ヤクルトバッテリーが最も警戒する打者で、シリーズ初戦からしつこい内角攻めにあった。カウントを悪くしてでも体すれすれを攻められ、2試合で5四球。好機を中心に徹底的に勝負を避けられ、自分のスイングをさせてもらえなかった。この打席でもインコースを攻められたが、一振りではね返した。

 左腕を苦にはしておらず「(投手との)相性とかは気にせず、自分のスイングをしっかりする。好き嫌いは作らないよう心がけている」という。15日のソフトバンクとのクライマックスシリーズでも左腕の和田毅から本塁打を放っている。

 ヤクルトは第4、5戦ともに左腕が先発投手で登板することが予想される。攻め方を変えさせるためにも、内角一辺倒では通用しないということを示す一打となった。【潟見雄大】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. デリカD5(マイナーチェンジ前)オーバーフェンダー