ハイゼットジャンボ用リアバンパーアルミ製、チェッカープレートステップ付き 数量限定セール

ハイゼットジャンボ用リアバンパーアルミ製、チェッカープレートステップ付き
アルミパイプ経50ミリ使用。穴加工不要でポン付けできます。チェッカープレートステップ付き。ステーは4.5ミリスチール製取り付けボルト込みです。注文を受け制作しますので1週間ほどお時間を頂きます。ワンオフ商品ですから神経質な方や完璧を求める方はご遠慮下さい。 サンドブラスト後に脱脂、下地、艶消ブラック塗装。 画像は、施工例です。200系にも装着可能です。現行ジムニー用もあります。 重量約5kg
衆院本会議に臨む山際大志郎前経済再生担当相=国会内で2022年10月25日午後1時32分、竹内幹撮影
衆院本会議に臨む山際大志郎前経済再生担当相=国会内で2022年10月25日午後1時32分、竹内幹撮影

 政府・与党は、経済再生担当相を辞任した山際大志郎氏の後任に後藤茂之前厚生労働相を充てたことで、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政治家の関係を巡る問題に幕引きを図りたい考えだ。しかし、更迭判断を遅らせたことで今国会の日程は窮屈となり、山積する課題をこなしきれるかは予断を許さない。支持率好転に向けた光明も見いだせず、緊急登板した後藤氏には物価高対策などの難題が待ち受ける。

「場当たり的」政府関係者も批判

 「私自身、任命責任を重く受け止めている。ご意見を受け止め政策に遅滞が生じないよう、政府一丸となって国政の運営にしっかりと取り組むことで職責を果たす」。岸田文雄首相は25日、衆院本会議で山際氏の辞任についてごく短い言葉で説明した。この発言機会は、国会日程を巡る今後の協議に応じる条件として野党側が要求したもので、閣僚の辞任についてわざわざ首相が言及するのは異例だ。

 政府は山際氏辞任の影響を最小限にとどめようと躍起になっている。12月10日までの会期中に感染症法改正案や2022年度第2次補正予算案、衆院小選挙区を「10増10減」する公職選挙法改正案、旧統一教会問題の被害者を救済するための法案の成立などを目指すが、開会から約3週間たっても議案はほとんど手つかず。首相が野党の要求をのんだのには少しでも国会を円滑に進める狙いがあった。

 このため山際氏の後任となった後藤氏にも安定した国会答弁の期待がかかる。山際氏の「失敗」に学んだ首相は…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. ハイゼットジャンボ用リアバンパーアルミ製、チェッカープレートステップ付き