インテグラdc2用のFRPボンネット。 素晴らしい品質

インテグラdc2用のFRPボンネット。
ホンダ インテグラdc2のFRPボンネット。 保管は室内にて置いてあります。 塗装の剥げがあります。 固定方法は、純正と同じなのでボンネット交換のみですぐに使用できます。 純正の固定だけでサーキット走行でも問題ありませんでした。 必要であれば、写真にあるボンネットピンも付属します。 ボンネットのピンは表に飛び出さない形です。 裏側の骨組みには問題ありません。 カラー···ホワイト 用品の種類···FRPボンネット 対応車種メーカー···ホンダ インテグラ dc2
大河ドラマにちなみ北条義時、徳川家康それぞれの時代を舞台にした歴史小説に焦点をあてた企画展「歴史へのとびら」=静岡県長泉町東野の井上靖文学館で2022年10月25日午前11時32分、石川宏撮影 拡大
大河ドラマにちなみ北条義時、徳川家康それぞれの時代を舞台にした歴史小説に焦点をあてた企画展「歴史へのとびら」=静岡県長泉町東野の井上靖文学館で2022年10月25日午前11時32分、石川宏撮影

 静岡県長泉町の井上靖文学館で企画展「歴史へのとびら―北条・徳川ゆかりの人々」が開かれている。今年と来年の大河ドラマがともに静岡県ゆかりであることにちなみ、北条義時、徳川家康それぞれの時代を舞台に井上靖が書いた歴史小説8編に焦点をあてた。来年3月14日まで。

 義時の時代の小説として、巴御前の視点から木曽義仲を書いた「兵鼓」、九条兼実らの視点から後白河法皇を書いた「後白河院」を紹介した。また、家康の時代の小説として、2007年に大河ドラマとなった「風林火山」、浅井長政の長女として生まれ、秀吉の側室となった「淀どの日記」などを取り上げた。「後白河院」執筆時に登場人物の年譜や出来事を井上が書き込んだ創作メモや、「淀どの日記」の直筆原稿も展示されている。

 文学館の徳山加陽(かや)学芸員は「井上は『歴史は名もなき人たちの営みの積み重ね』と考え、いわゆる歴史上の英雄を主人公にせず、英雄を周囲がどう見ているかという書き方をしているのが魅力」と話した。【石川宏】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. インテグラdc2用のFRPボンネット。