ハイエース レジアスエース 200系ワイド リアスポイラー マットブラック 独特の上品

ハイエース レジアスエース 200系ワイド リアスポイラー マットブラック
■ご購入前に在庫確認致しますのでコメントお願い致します ●ハイエース レジアスエース 200系 1型 2型 3型 4型 5型 6型 ワイド専用 リアスポイラー リアゲートスポイラー リアウィング 純正ルーフ装着 マットブラック 艶消し 黒 ABS製 ●ハイエース レジアスエース 200系 ワイド車専用  ●H16年8月(2004年8月)以降~ハイエース&レジアスエース 200系 ワイド車 1型 2型 3型 4型 5型 6型 ミドルルーフ車で適合。 (※標準車両、ハイルーフでは適合いたしません。) ●200系ワイド車専用設計。純正装着装備のリアハイマウントランプとリアウオッシャーノズル出口等は隠れない設計。 ●衝撃にも強く割れにくいABS材質です。取り付けビスと専用キャップ付き。 ●リアビューのイメージチェンジ&スタイリッシュなグレード感アップ!派手過ぎず純正オプションタイプ設計! ※取り付けにはリアゲート上部とスポイラー部分の穴位置に穴あけ加工が必要になりますが、強力なブチルテープ等であればそのまま貼り付け装着もできます。 ※こちらの商品は取り付け説明書は付属いたしませんので、掲載写真をご参照の上、各自の自己責任での装着でお願いいたします。 ■ご購入前に在庫確認致しますのでコメントお願い致します
プロ棋士になり初の対局で敗れ、感想戦で振り返る藤田怜央初段=大阪市中央区で2022年10月25日午後2時16分、望月亮一撮影 拡大
プロ棋士になり初の対局で敗れ、感想戦で振り返る藤田怜央初段=大阪市中央区で2022年10月25日午後2時16分、望月亮一撮影

 史上最年少の9歳で囲碁のプロ棋士になった小学3年生の藤田怜央初段が25日、大阪市中央区の関西棋院でデビュー戦となる第48期新人王戦(しんぶん赤旗主催)予選1回戦を打ち、渡辺貢規四段(25)に敗れた。9歳6カ月での公式戦初対局は仲邑菫(すみれ)三段(13)が持っていた10歳1カ月の最年少記録を更新したが、初勝利は持ち越しに。終局後、同棋院を通じて「負けて悔しいが、渡辺先生は強かったです。次回は今日以上に頑張ります」とのコメントを発表した。

 藤田初段は今年7月、プロ棋士と試験碁を打って合格し、同棋院の「英才特別採用」第1号として9月1日付で棋士になった。プロ入り時の年齢(9歳4カ月)も仲邑三段の10歳0カ月を更新する最速記録だった。

 新人王戦は25歳以下かつ六段以下の若手棋士による棋戦で、2カ月近く待たされてのデビュー戦になった。藤田初段が白番(後手番)ながら序盤から積極的に打ち進めたが、コウ絡みの戦いのさなかに不用意な一手を打ってしまい、早々に劣勢になった。その後も相手の堅実な着手で差が広がり、渡辺四段の145手目を見て藤田初段が投了した。

 終局後は報道陣から「緊張しましたか」と問われ、藤田初段はかすかにうなずくだけだったが、感想戦が終わってからコメントを発表。「序盤は研究していたけれど、厳しい手を打たれて苦しくなった。途中で盛り返したと思ったが、右上の黒石を生きられてチャンスがなくなった」と振り返った。

 天元戦の本戦入りや関西棋院第一位決定戦の挑戦者の実績がある渡辺四段は「9歳でこんなに強い人は他にはいないと思う。たまたまこの碁は黒がうまくいった」と安堵(あんど)した表情だった。途中まで対局を見守っていた師匠の星川拓海五段(39)は「序盤は慎重な方なのにやり過ぎた。今日は別人みたい」と話していた。【新土居仁昌】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. レジアスエース ハイエース 200系ワイド マットブラック リアスポイラー