スープラ70 SUPRA リアルーフバイザー 素晴らしい価格

スープラ70 SUPRA リアルーフバイザー
新品未使用品 リアルーフバイザー/1set トヨタ スープラ70 専用 SUPRA 画像の通りとなります。 新品リアルーフバイザーに SUPRAのステッカー プリントもホワイトで 施工されてます。 純正品では無いです。 取り付けネジ、ステーは 画像の物のみとなります。 「装着しましたが 純正品と区別がつかない程 良いと思います。」 との事です。 箱サイズ 110x30x9センチです。
伊万里駅前広場で、トンテントンと太鼓を鳴らしながら組み合う団車(右)と荒神輿=佐賀県伊万里市で2022年10月22日午後3時43分、峰下喜之撮影 拡大
伊万里駅前広場で、トンテントンと太鼓を鳴らしながら組み合う団車(右)と荒神輿=佐賀県伊万里市で2022年10月22日午後3時43分、峰下喜之撮影

 佐賀県伊万里市の秋を彩る「いまり秋祭り」が22日、3年ぶりに中心市街地で始まった。勇壮な神輿(みこし)同士の合戦で知られる伊萬里神社御神幸祭「伊万里トンテントン祭り」とも競演。23日夜の打ち上げ花火でフィナーレを迎えるまで、街は祭り一色に染まる。

 秋祭りのテーマは、新型コロナウイルス禍による過去2年の中止を踏まえ、再興や興奮をイメージする「興(おこす)」に。

 初日のメインイベント「わっしょいパレード」では、園児や児童生徒ら延べ約500人が3回に分けて歩行者天国を演奏や踊りを交えて行進。伊万里駅前広場や市営中央駐車場にはキッチンカーや物産販売のテントが並び、お祭り気分を盛り上げた。

グラウンドで組み合う荒神輿(左)と団車=佐賀県伊万里市で2022年10月22日午後0時32分、峰下喜之撮影 拡大
グラウンドで組み合う荒神輿(左)と団車=佐賀県伊万里市で2022年10月22日午後0時32分、峰下喜之撮影

 主催する祭り振興会長の深浦弘信市長は会場を見て回り「なんとなく萎縮していた街のムードが晴れるようだ。トンテントンと合わせ2日間、エキサイトに楽しんでほしい」と話した。

 トンテントン祭りは22日、3年ぶりに観覧制限を設けず4台の神輿が日中巡行する本祭に。うち2台の荒神輿と団車(だんじり)は、途中5カ所で組み合って倒れる合戦を披露した。

 伊万里川河畔で23日午後6時半ごろから始まる最大の見せ場「川落とし合戦」を前に、両神輿の担ぎ手を指揮する喧嘩(けんか)大将の金子智洋さん(53)と一ノ瀬智信さん(68)は、それぞれ「精いっぱい頑張って、観客に勇気を伝えられたら」「コロナに負けない心意気を見せたい」と語った。【峰下喜之】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. スープラ70 SUPRA リアルーフバイザー