美品❗使用期間1ヶ月❗エブリィワゴン❗DA17Wフロントバンパー❗フォグランプ付 【国内正規総代理店アイテム】

美品❗使用期間1ヶ月❗エブリィワゴン❗DA17Wフロントバンパー❗フォグランプ付
‼️注意‼️ 発送は仕事の都合上、土日のみの発送になります。 ご理解の方をお願いします。 ご覧頂きありがとうございます。 納車が令和4年9月の車両から取り外した商品です。 取り付け期間1ヶ月未満‼️ フォグランプ付き‼️ グレートはPZターボです。 飛び石キズもほぼありませんがバンパー交換時か保管時なのか不明ですが小さな色ハゲが3箇所あります(涙) 画像6はフェンダーとの継ぎ目 画像7・8はバンパー下側(取り付ければ見えない場所) 画像でご確認下さい。 発送は佐川急便のラージサイズ(260サイズ)の着払いで発送予定です。 発送元は福岡県です。 送料は各自でお調べ下さい。 ご不明な点はコメント頂けたら対応させて頂きます。
戦没者の名が刻まれた「平和の礎」をご覧になる天皇、皇后両陛下=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2022年10月22日午後2時58分(代表撮影)
戦没者の名が刻まれた「平和の礎」をご覧になる天皇、皇后両陛下=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2022年10月22日午後2時58分(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は22日、国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭出席のため沖縄県を訪問し、国立沖縄戦没者墓苑(糸満市)で供花をされた。沖縄戦の遺族らと言葉を交わし、戦没者の名前が刻まれた「平和の礎(いしじ)」や県平和祈念資料館も訪れた。即位後初となる沖縄訪問の初日は、沖縄戦の歴史に改めて思いを寄せる一日となった。

 両陛下は那覇空港に到着後、戦没者墓苑などが建つ県営平和祈念公園(同市)を訪問。車を降りた両陛下は、戦争で亡くなった人たちの遺骨が納められている納骨堂の前まで進むと、一礼をした後に花束をささげ、さらに深く頭を下げていた。

 帰り際には沖縄戦の遺族らと言葉を交わした。途中、強い日差しのなかで立っていた高齢の遺族らに対し、両陛下が椅子に座るよう気遣う場面も見られた。

 戦争で父や姉、弟ら家族5人を亡くした照屋苗子さん(86)は「私の目をじっとご覧になりながらきいていただいた」と話した。

国立沖縄戦没者墓苑で供花された天皇、皇后両陛下=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2022年10月22日午後2時半、喜屋武真之介撮影
国立沖縄戦没者墓苑で供花された天皇、皇后両陛下=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2022年10月22日午後2時半、喜屋武真之介撮影

 照屋さんは沖縄を訪問した上皇ご夫妻とも言葉を交わしたことがある。遺族一人一人に丁寧に声をかける両陛下の姿に「上皇ご夫妻のように沖縄に心を寄せている」と感じたという。

 沖縄戦で父と叔父を亡くした県遺族連合会の宮城篤正会長(81)は「沖縄に来られるたびに真っ先に戦没者墓苑に来てくれて、大変ありがたい」と話していた。

 両陛下はその後、同公園内にある平和の礎や県平和祈念資料館に赴いた。

 同資料館では、前川早由利館長の説明に耳を傾けながら沖縄戦を巡るさまざまな展示を丁寧に見て回った。皇后雅子さまは同資料館から見える海を眺めながら、「こんな美しい場所で悲しい出来事があったんですね」と話していたという。

 両陛下は同日、側近を通じ「静かに燃える『平和の火』の前に立ち、青く広がる太平洋を望みながら、沖縄戦の悲惨さや私たちが現在享受している平和のありがたさを思い、改めて平和の大切さを心に刻みました」との感想を出した。

 両陛下は23日、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)で行われる国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭の開会式に出席し、午後に帰京する。【井川加菜美】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. 美品❗使用期間1ヶ月❗エブリィワゴン❗DA17Wフロントバンパー❗フォグランプ付