ハイエース200系 ハイマウント対応カーボン製ルーフスポイラー 標準ボディー 入園入学祝い

ハイエース200系 ハイマウント対応カーボン製ルーフスポイラー  標準ボディー
ハイエース200系 標準・ナローボディ用(全型式対応)リアゲートスポイラーになります。 デジタルインナーミラー車対応。 ガラス幅に合わせたシンプルなカーボン製ハイマウントストップランプ対応スポイラーです。 出品商品はウォッシャー穴有りタイプになります。 エポキシ樹脂によるレジンインフュージョン(VaRTM)製法ですのでカーボン目のヨレも少なく軽量で丈夫な成形品となります。 ドイツ製STANDOX社の高耐候性、高品質なクリスタルクリヤーにて塗装しています。 □材質:綾織カーボン(3K 4x4 Twill) ■付属品■ □3M製両面テープ(幅:10mm 長さ:2M 幅:20mm 長さ:2M) □3M製接着促進剤 PACプライマー K-500 □取り付けビス2本&リベット2本付属(どちらか2本で取り付け) □封印用アルミテープ(ウォッシャー穴・リヤアンダーミラー取り付け穴の2枚) 取説はありません 北海道・沖縄・離島への発送不可 宅急便200サイズにて発送します。(日時指定可能) 値下げには応じません。
9月に定期運行が終わり、特急「スーパー北斗」としてラストランのため駅を出発する「キハ281系」=JR札幌駅で2022年10月23日午後0時40分、貝塚太一撮影
9月に定期運行が終わり、特急「スーパー北斗」としてラストランのため駅を出発する「キハ281系」=JR札幌駅で2022年10月23日午後0時40分、貝塚太一撮影

 初代の「振り子式特急気動車」として28年、札幌―函館間を走り、9月末に定期運行を終えたJR北海道の特急用車両「キハ281系」が23日、デビュー当時の列車名「スーパー北斗」で復活し、臨時特急列車としてラストランを行った。発着の札幌、函館の両駅で多くの鉄道ファンが別れを告げた。

 キハ281系は曲線が多い札幌―函館間の高速化を目指し、JR北が1992年、民営化後初の特急用気動車として開発した。曲線部分を通過する際、車体を傾斜させて高速を維持する振り子式車両の技術を導入。94年3月のダイヤ改正で誕生した「スーパー北斗」として、同区間を最短2時間59分で結んだ。

 午後0時15分過ぎにデビュー当時の塗装とロゴマークによる8両編成の列車が札幌駅8番ホームに現れると、鉄道ファンが最後の雄姿をカメラに収めた。午後0時38分に函館に向けて列車が出発すると、多くの人々が「28年間、ありがとう」と拍手で見送った。

 旭川市から訪れた専門学校生の鎌田昇悟さん(19)は「北海道の厳しい自然を相手に、初代振り子式で頑張ってきた車両なので『ご苦労様』という気持ちと同時に少し寂しい思いもある」と話していた。【真貝恒平】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. ハイエース200系 ハイマウント対応カーボン製ルーフスポイラー 標準ボディー