オデッセイRB3 フロントグリル 最新エルメス

オデッセイRB3 フロントグリル
用品の種類···グリル オデッセイRB3フロントグリルです! ヤフオクにて購入しましたが、必要なくなったため、販売します。 グリル自体、純正加工のエンブレムレスです! ワンオフで加工されてあります! なにか質問等あればコメントください!
後を追おうと姿が見えなくなったすみれちゃんを探すイブ=栃木県大田原市で2021年4月5日、湯浅聖一撮影
後を追おうと姿が見えなくなったすみれちゃんを探すイブ=栃木県大田原市で2021年4月5日、湯浅聖一撮影

 <連載15回目までのあらすじ>

 2020年4月に転勤で福島県会津若松市から栃木県大田原市へ引っ越し、新しい生活をスタートさせた私と保護犬イブ。我が家の一員になって以来、しつけを通して信頼関係の構築に努め、少しずつだが成果が見え始めてきた。その一方で、構ってもらおうと「仮病」を使ったり、ペットのウサギにかみつく「事件」を起こしたりするなど、時折突拍子もない一面を見せ、私を驚かせるとともに慄然(りつぜん)とさせるのだった。

散歩の公園で一目ぼれ

 フレンドリーな性格のイブは、散歩中に他の犬に会うと、自分からしっぽを振って近づきあいさつする。相性が合えばすぐに友達になり、互いににおいを嗅ぎ合う。前任地の会津若松市にいた時は、そういう友達が3~4匹いた。

 しかし、大田原市に来てからは新参者でもあり、しばらくは散歩の犬が集まる公園に行っても警戒されてほえられた。そのような状況で、最初に友達になってくれたのが雌の雑種犬、すみれちゃんだった。

 最初の出会いは、私たちが引っ越して2週間ほど経過した20年4月中旬になる。公園を散歩していると、50代くらいの女性が連れた犬2匹に出くわした。イブはそのうちの1匹であるすみれちゃんの元へ一目散。あいさつ代わりに「クンクン」とにおいを嗅ぎ続けた。

 イブは明らかに興奮しており、一目ぼれしたのだろう。しつこくまとわりつき、すみれちゃんを困惑させた。それでも怒る様子はなかったので、友達として受け入れてくれたようだ。以来、すみれちゃんはイブの一番のお気に入りとなった。

いちずなイブに対し、すみれちゃんは……

 すみれちゃんは段ボール箱に入れられたまま置き去りにされていたのを女性が発見し、飼い主になった。いわゆる保護犬だ。犬の詳細は分からず、年齢も「目が見えにくく、耳も遠くなってきたので、たぶん13~14歳ではないか」という。

 初対面の犬には興味を持つ半面、慣れてくると無関心を決め込むことが多い最近のイブだが…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. フロントグリル オデッセイRB3