CR-Z 無限フロントハーフ エアロ バンパー ZF-1 【日本限定モデル】

CR-Z 無限フロントハーフ エアロ バンパー ZF-1
CR-Z ZF-1にて使用していました。 バンパーのみ。取付け用のビスは付属しません。 傷、割れ多少ありますが致命的なものはありません。 カラーはダークピューターメタリックになります。
坪井直さんの命日に原爆慰霊碑に献花する広島県被団協の箕牧智之理事長=広島市中区の平和記念公園で2022年10月24日午前11時51分、岩本一希撮影 拡大
坪井直さんの命日に原爆慰霊碑に献花する広島県被団協の箕牧智之理事長=広島市中区の平和記念公園で2022年10月24日午前11時51分、岩本一希撮影

 広島県原爆被害者団体協議会(県被団協)前理事長で日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の代表委員などを務めた坪井直(すなお)さんが96歳で亡くなって24日で1年となった。県被団協の箕牧智之(みまき・としゆき)理事長(80)が広島市中区の平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花し坪井さんの「ネバーギブアップ精神」を受け継ぎ、核兵器廃絶を目指す思いを新たにした。

 原爆慰霊碑には坪井さんの名前が記された原爆死没者名簿が、8月6日の平和記念式典で納められ、松井一実市長は平和宣言で、「ネバーギブアップ精神」を受け継ぐとして坪井さんに触れた。箕牧理事長は慰霊碑を墓に例え、この場所に坪井さんが納骨されているようなものだとした上で「平和活動に専念されご苦労の多い人生だったと思うので、慰労を込めて献花した」と語った。

 坪井さんの死後、ロシアによるウクライナ侵攻やプーチン露大統領による核兵器使用示唆、北朝鮮による相次ぐミサイルの発射など世界情勢は大きく変化し、平和は脅かされている。箕牧理事長は「(戦争で)核兵器が使われなかった77年間の歴史が崩れるのではと危惧している。今この状況を見たらどう思うか……」と表情を曇らせた。

 箕牧理事長は高齢で活動が難しくなった坪井さんに代わり2018年から理事長代行を務め、坪井さんが亡くなった直後の21年11月に理事長へ就任した。箕牧理事長にとって就任後の1年間は「迷いの連続だった」と言い、「どうすれば核兵器が無くなるかは私の生涯の課題になる。改めて坪井さんが言った『ネバーギブアップ』の意味を考えたい」と話した。【岩本一希】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. 無限フロントハーフ CR-Z エアロ ZF-1 バンパー