よろしく様専用 TOYOTA MR-S純正OP リアウイング、ハイマウント付き 【お気にいる】

よろしく様専用 TOYOTA MR-S純正OP リアウイング、ハイマウント付き
トヨタ MR-S 純正オプション ZZW30リアトランクスポイラー赤計算ハイマウント付きです。 大きなダメージ、傷等なく綺麗だと思いますが、あくまでも個人的主観ですので画像にて判断、お願いします。 あくまでも中古品ですので神経質な方の購入は、お控え下さい。 画像に有るのが全てです。
街頭演説する田中慎介氏=福岡市南区の西鉄高宮駅前で2022年10月13日午前10時9分、野間口陽撮影 拡大
街頭演説する田中慎介氏=福岡市南区の西鉄高宮駅前で2022年10月13日午前10時9分、野間口陽撮影

 「もちろん高島(宗一郎福岡市長)さんは(前回2018年は)28万票で最強だ。だけどそれに挑戦するんですから、すごい勇気ですよ」。

 福岡市内で17日に開かれた会合で、福岡2区が地盤の稲富修二衆院議員(52)が傍らの田中慎介氏(44)をそう持ち上げた。稲富氏が旧民主党などの推薦を受けて知事選に立候補したものの落選した2007年、田中氏は同市中央区から市議に初当選した。稲富氏も09年に初めて衆院福岡2区(中央区、南区、城南区)で初当選。12、14年は落選したが、17、21年は比例復活当選を果たすなど、市議を4期務めた田中氏とは約14年間、二人三脚で歩んできた。会場に集まった稲富氏の支援者約200人からは大きな拍手が湧いた。

 田中氏が9月20日に立候補を表明して約1カ月。陣営幹部は口をそろえて「出馬を決意したことがここまでのハイライト」と語る。ただ直前まで出身の立憲県連側にも相談がなく、幹部は「準備をしているうちに選挙が終わるのではないか」と態勢の整備を急ぐ。

 「政治信条を超えて、今の市政を転換しようというあらゆる方々と連携したい」。田中氏は立候補表明の時からこう繰り返してきた。「野党候補」の表現は使わず、周囲にも「保守票も取り込みたい」と語っていた。どこの政党推薦も受けず、野党系の一本化にこだわらずに戦う選択肢もあった。だが陣営幹部は「一対一の構図にならないと勝てない」として、田中氏の出馬意向が報じられた同16日から、市民団体や共産党などとつくる「福岡市から政治をかえる会」と候補一本化に向け水面下の調整に入った。

 しかし、同会は8月から立憲と接触したうえで独自候補を内定させており、田中氏の立候補の意向が知らされると困惑が広がった。結局、9月26日に内定候補者を発表。立憲と同会幹部は協議を通じて共通項の多さは認識していたが、同会は「構成団体が多いので最大公約数を見つけるのが難しい」(幹部)状況だった。そして立憲関係者も「田中氏が同会と意見交換するまで合意できるかは分からない」と話した。

「福岡市から政治をかえる会」と候補一本化で合意して政策協定を締結後、記念撮影に応じる田中慎介氏(左から3人目)=福岡市中央区の市役所で2022年10月11日午前10時39分、野間口陽撮影 拡大
「福岡市から政治をかえる会」と候補一本化で合意して政策協定を締結後、記念撮影に応じる田中慎介氏(左から3人目)=福岡市中央区の市役所で2022年10月11日午前10時39分、野間口陽撮影

 田中氏は10月1日、同会総会に初めて出席して意見交換。「私の政策に共感して頂ける方にはご協力をお願いしたい」。約1時間にわたりカジノを含む統合型リゾート(IR)や憲法など出席者の質問に答えた。田中氏側が政策協定も同会の8項目の政策の柱をほぼ受け入れて迎えた同8日の同会総会で、幹部が「最初は信じることから政治はスタートする」と異論を抑え、内定候補者の取り下げが決まった。

 同会にも参加する共産党市議団はこの間、「小異は捨てて高島市政転換のためにまとまるべき」との姿勢だっただけに、「短期間でよく実現できた」(関係者)と胸をなで下ろした。

 一方で田中氏は保守票にも触手を伸ばす。同14日午前に田中氏が事前の連絡なしに訪ねたのは自民党県連。「11月の市長選に向け、頑張ります」。同県連の事務関係者は「まさか来られるとは思わなかった」と驚きながら、田中氏から手渡された県連会長宛てのあいさつ文を受け取ったという。田中氏はその足で公明党県本部にも向かった。

 ところが足元の旧民主系や支援団体の連合などの動きは鈍い。出身の立憲の党本部は10月4日に推薦したが、国民民主党県連の推薦は17日、連合福岡は19日にずれ込んだ。

連合福岡の推薦決定後、藤田桂三会長(左)と握手を交わす田中慎介氏=福岡市博多区のオリエンタルホテル福岡博多ステーションで2022年10月19日午後6時54分、野間口陽撮影 拡大
連合福岡の推薦決定後、藤田桂三会長(左)と握手を交わす田中慎介氏=福岡市博多区のオリエンタルホテル福岡博多ステーションで2022年10月19日午後6時54分、野間口陽撮影

 特に連合福岡にとっては田中氏の出馬は「寝耳に水」(幹部)。田中氏が連合に支援を要請した直後から、連合幹部は「内部で丁寧な議論、調整を進めるにはとにかく時間がない。間に合わない」と労働者政策の早期提示などを立憲幹部らに求めていたという。背景には、10年に旧民主系の吉田宏市政から高島市政に変わった後、官公労系の労使関係が一時悪化し、高島氏は連合との意見交換の場に現れなかったなどの事情もある。藤田桂三会長は19日、田中氏の推薦決定後「大変厳しい選挙戦になるが、今の市政に足らざるもの、田中氏が目指している市政を一緒に訴え、もっと働く者、生活者の立場に立った施策が実行されるよう共に頑張りたい」と意気込んだが、関係者は「産別単組まで田中氏を浸透させるには相当な力業が必要だ」と漏らす。

 また陣営の最大の悩みの種は「対立軸を明確にまだ定められていない」(市議)ことだ。田中氏は17日、8項目の基本政策を発表した会見で「反高島氏の旗印」を問われ、「どれを旗印にというか……、私は全てが重要だと思っている」と煮え切らなかった。

 福岡市は17~22年の5年間で人口が約6万人も増え、中心部は再開発のつち音が響く。そんな街の有権者に「30年後を見据えて10年間に必要な取り組みを提案する」などと訴える田中氏には、陣営内からも「今後の推計の数値はあっても、誰も確証を持っていない未来の話が前提。市民が実感を持って田中氏の主張を聞くか分からない」(関係者)との声が上がる。対高島氏の「ありか」はどこか。田中氏の暗中模索は今も続く。

 市長選には無所属新人の会社員、熊丸英治氏(53)も出馬表明している。【野間口陽】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. よろしく様専用 TOYOTA リアウイング、ハイマウント付き MR-S純正OP