80系ヴォクシーノアリアディフューザー シックスセンス 【限定販売】

80系ヴォクシーノアリアディフューザー シックスセンス
ご覧頂きありがとうございます。 シックスセンスのリアディフューザーになります。購入して約一年半程度使用しました。 洗車傷、また縁石等では擦っていませんが下部に傷あります。 その他、取付に不具合等なく購入してすぐに取付可能です。よろしくお願いします。 用品の種類···リアスポイラー 対応車種メーカー···トヨタ
地元住民らが歓迎する中、JR鳥栖駅に到着したSL人吉=鳥栖市で2021年5月1日午後1時26分、竹林静撮影
地元住民らが歓迎する中、JR鳥栖駅に到着したSL人吉=鳥栖市で2021年5月1日午後1時26分、竹林静撮影

 JR九州は24日、観光列車「SL人吉」の運行を2023年度末で終了すると発表した。先頭の蒸気機関車「58654号機」は運行100年となる国内最古級で、九州では唯一の現役SL。老朽化のため維持が困難と判断した。

 「58654号機」は1922年に日立製作所が製造。九州各地を運行後、75年にいったん廃車となり保管されていたが、88~05年に観光列車「SLあそBOY」として復活。09年からはSL人吉をけん引してきた。

 熊本(熊本市)―人吉(熊本県人吉市)を運行するSL人吉は球磨川沿いの肥薩線を走る姿が愛されてきたが、20年の豪雨によって肥薩線が不通となった後は、新たに鳥栖(佐賀県鳥栖市)―熊本間で運行していた。

 近年は運行エリアの変更や新型コロナウイルス禍により旅客数が低迷。蒸気機関車も老朽化による不具合が増え、部品の調達も難しくなっていた。JR九州の古宮洋二社長は「沿線地域やファンの方々には申し訳ないが、ここ数年はいつまで維持できるのかが課題だった。運行終了までは精いっぱい走らせたい」と話した。今後の車体の保管については未定という。

 JR九州は「58654号機」の100歳を記念し、11月18日に熊本―八代(熊本県八代市)で特別運行する。【久野洋】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. 80系ヴォクシーノアリアディフューザー シックスセンス