WRX フロントバンパー 後期 VAB STI S4 SUBARU レヴォーグ 【★大感謝セール】

WRX フロントバンパー 後期 VAB STI S4 SUBARU レヴォーグ
WRX D型(後期)〜 フロントバンパーになります。 状態のいい中古品を購入して倉庫に予備として保管していましたが必要無くなった為出品します。 カラーコード61K ダークグレーメタリックです。 多少の洗車傷、使用感ありますが気になる程の大きな傷汚れ等は無く綺麗です。 ※下側、スポイラー取り付け部は購入当時より保管傷の様な軽い傷等あります。写真参照下さい。 スポイラーを付ければ隠れて見えなくなると思いますが気にされる場合や美品をお求めの方は購入お控え下さい。 配送方法未定となっていますが 発送は西濃運輸、営業所留めになります。 大型の為8000円くらい掛かると思います。 時間貰えれば送料確認しますのでご相談下さい。 また栃木県内、近郊で有れば直接も可能です。 購入前にご相談下さい。 3Nでお願い致します。
バイデン米大統領=2022年10月19日、ロイター 拡大
バイデン米大統領=2022年10月19日、ロイター

 米バイデン政権は19日、電気自動車(EV)に搭載する電池の国内生産拡大に28億ドル(約4200億円)の補助金を交付すると発表した。電池生産に必要なレアアース(希土類)などを米国企業で生産できる体制を整え、中国に調達を依存している現状を改める。日本や欧州諸国とも連携して電池生産に必要な供給網(サプライチェーン)を米主導で構築し、「脱中国」を加速させる考えだ。

 オハイオ州など12州の20社が対象で、EVに搭載する電池用リチウムや黒鉛などの生産、加工、リサイクルを支援する。年200万台分のリチウム生産、年120万台分の黒鉛生産をそれぞれ目指す。2021年11月に成立したインフラ投資法に基づく措置。

 バイデン政権は30年に米国で販売される新車の半分を、温室効果ガス排出ゼロのEVなどにする目標を掲げ、国内のEV生産を後押しする政策を打ち出している。ただ、世界のレアアース生産の6割は中国が占めており、中国から独立した新たなサプライチェーンの構築が課題となっていた。政府高官は「重要なレアアースのサプライチェーンの大部分を中国が支配しているのが現状。米国内の採掘や加工能力の不足はEV生産を妨げている」と述べ、企業支援の重要性を強調した。【ワシントン大久保渉】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. STI VAB 後期 フロントバンパー WRX S4 レヴォーグ SUBARU