トヨタ 新型ハイラックス gun125 スキッドプレート 【お買い得!】

トヨタ 新型ハイラックス gun125 スキッドプレート
トヨタ ハイラックス。 再販された初期のgun125に付けていたスキッドプレートです。 距離、3万キロの車体より外しました。 スレやクスミは多少ありますが、曲がりやガリ傷は無いと思います。 パーツクリーナーで拭いただけですので、購入者さまでポリッシュなりワックスでもかけて頂ければ、ツヤは戻ると思います。 中古なので、お決まりの3nでお願いします。 少し重たくサイズも大きいので、送料はこちらで負担しますが、梱包は緩衝材プラス段ボールの切り貼りで発送します。 ご理解の上、ご検討お願いいたします。 カラー···レッド
西村氏のツイッター。投稿には28.5万件のいいねがついた=スクリーンショットより
西村氏のツイッター。投稿には28.5万件のいいねがついた=スクリーンショットより

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」開設者のひろゆき(西村博之)氏に同行撮影した、ネット放送局「ABEMA(アベマ)」の番組が議論になっている。ひろゆき氏の沖縄に関連する言動を取り上げ、「社会活動家の実態を明るみに出した」などと歓迎の声がある一方、「分断をあおった」との批判も噴出した。番組の初代プロデューサーだった江戸川大学非常勤講師の鎮目(しずめ)博道さん(53)に見解を聞いた。【和田浩明】

ツイッター投稿で物議 番組で議論

 アベマは民放のテレビ朝日とネット広告事業などを行うサイバーエージェントが出資する「AbemaTV(アベマティーヴィー)」社が運営する。議論になったのは「変わる報道番組#アベプラ」の枠で7日に57分間放送された。

 ひろゆき氏は3日、沖縄県名護市辺野古で続く米軍普天間基地(宜野湾市)の県内移設計画に対する座り込み抗議の現場を訪れ、「座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくない?」とツイートし、笑顔でピースサインをする写真も添えた。

 番組では冒頭、このツイートを読み上げて紹介。「ご存じ、またまたまたまた物議を呼んでいるひろゆきさんのツイート」とナレーションをつけた。

 この座り込み現場は米軍キャンプ・シュワブのゲート前だ。普天間基地の移設先として建設中の新基地の工事車両が出入りしている。移設に反対する人たちが連日座り込みを続けており、「新基地断念まで座り込み抗議 不屈○○日」と継続日数が掲示されている。3日は3011日と表示されていたが、夕方の訪問時に人がいなかったことから「0日にした方がよくない?」と発信したという。

 番組によると、座り込み現場には、別の特集の取材で地元の人に「沖縄の今を見たほうがいい」と言われて向かったのだという。移設をめぐる経緯について1996年の日米合意以降の動きを簡単に紹介したうえで「2014年7月から3000日を超えた今も座り込みが続いている」などとした。

 この後、現場でひろゆき氏が「思った以上に拍子抜けですね……。これだれも座り込みいないのに日付を増やしてっていいんすか」などと語る映像が挟まれた。その場で冒頭のツイートがされ、ネットで「県民に失礼」などの批判が出たことを紹介。「座り込みは工事車両が来る9時、12時、15時に合わせて行われます」との発信もあったことから、翌日午後3時に再訪。現場の抗議者らと「座り込み」の定義をめぐり口論になる様子も伝えた。

 ここから番組はスタジオに移る。ひろゆき氏と、沖縄側の視点を代表するお笑い芸人ユーチューバーのせやろがいおじさん、沖縄タイムスの阿部岳記者、ジャーナリストの宮原ジェフリーいちろうさんの他、ライターのヨッピーさん、NPO法人「あなたのいばしょ」理事長の大空幸星さんと議論を繰り広げた。司会はテレビ朝日の平石直之アナウンサーだった。

「対立構造が構図」

 番組についてツイッターでは「分断をあおる方針」「(構成が)炎上目的では」「二度とひろゆきで沖縄は番組にしないで」といった批判が見られる。一方で「ひろゆきの視点はおもしろい」「(沖縄側の論者は)排他的だ」といった擁護論もある。

 番組は分断をあおっているのか。…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. 外装、エアロパーツ
  3. スキッドプレート トヨタ 新型ハイラックス gun125