セレナSR セレナHR セット販売 【激安大特価!】

セレナSR セレナHR セット販売
獲得後、すぐスリーブにいれて保管してあります!! 発送時、折れ・防水対策をして発送します! 即購入○ 常識の範囲内で値下げ○ ※すり替え防止対策の為、返品交換は致しかねます。ご了承下さい。
神戸連続児童殺傷事件の全記録を廃棄していた神戸家裁=神戸市兵庫区で2022年10月20日午後2時22分、村田愛撮影 拡大
神戸連続児童殺傷事件の全記録を廃棄していた神戸家裁=神戸市兵庫区で2022年10月20日午後2時22分、村田愛撮影

 児童2人を殺害したとして当時中学3年の少年が殺人容疑で逮捕された神戸連続児童殺傷事件を巡り、神戸家裁が20日、全ての事件記録を廃棄し、その経緯について調査しない方針を明らかにした。「酒鬼薔薇聖斗」の犯行声明に、少年法改正――。注目を集めた事件で、非公開だった加害男性(40)の審判の内容などを検証することは将来的に困難となった。関係者からは家裁の対応に疑問の声が噴出した。

 重要な裁判記録の廃棄は過去にも判明し、保存のあり方が問われてきた。

 東京地裁では2019年、憲法判断が示されるなどした、歴史的価値のある民事裁判の記録が廃棄されていたことが発覚した。最高裁の調査で各地の裁判所でも同様のケースが確認された。

 最高裁は1992年の通達で、永久的に記録を廃棄しない「特別保存」の適用について、「重要な憲法判断が示された」「社会的に耳目を集めた」などの対象基準を示した。ただ、各地の裁判所ではこの基準への認識が不足していたとされる。

 一連の廃棄問題を受け、東京地裁は20年、特別保存を適用する際の具体的な要領を全国に先駆けて定め、最高裁判例集に掲載された訴訟を対象とすることなどを明記した。少年事件についても、東京家裁が要領を策定し、「主要日刊紙のうち2紙以上」に記事が掲載された事件を対象にすることが盛り込まれた。

 最高裁は各地の裁判所に重要な記録の保存徹底を要請し、全国で同様の運用が広がったが、神戸連続児童殺傷事件の記録はこの運用前に廃棄されたとされる。

 ある裁判所の職員は「(審判から)年月を経て、事件と関わりのない職員が的確に判断するのは困難だったのだろう」と語った。

 一方、東京高裁で部総括判事を務めた門野博弁護士は神戸家裁の廃棄について「少年法改正につながった重大事件で、その記録は第一級の史料に当たる。なぜ誰も廃棄に異議を唱えなかったのか。裁判所職員の資格を問われるほどの失態だ」と指摘。「問題点を明らかにする意味でも検証は不可欠で、調査せずに対応を終えることはあり得ない」と訴えた。【巽賢司、古川幸奈】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. ポケモンカードゲーム
  3. セレナSR セレナHR セット販売