MTG 団結のドミナリア コレクターブースター 日本語版 プロモパック付き 史上最も激安

MTG 団結のドミナリア コレクターブースター 日本語版 プロモパック付き
シュリンク付き未開封品です。
「ぼうさいこくたい2022」で展示された、車で移動させるバリアフリーのトイレ=神戸市で2022年10月22日午後1時43分、巽賢司撮影 拡大
「ぼうさいこくたい2022」で展示された、車で移動させるバリアフリーのトイレ=神戸市で2022年10月22日午後1時43分、巽賢司撮影

 防災の重要性を学ぶ第7回防災推進国民大会(ぼうさいこくたい2022、内閣府など主催)が22日、神戸市中央区のHAT神戸エリアで始まった。1995年の阪神大震災から27年が経過していることから、「未来につなぐ災害の経験と教訓」が大会テーマ。有識者によるセッションや防災教室など、300を超えるプログラムが23日まで開かれる。【巽賢司】

 民間企業や行政が防災に関するブースを展開し、土石流に対する治山ダムの効果を見せる模型などを展示。人気アニメ「ポケットモンスター」のキャラクターが登場する防災教室も開かれ、親子連れも多く見られた。

 オープニングセッションには、2011年の東日本大震災時、岩手県釜石市立釜石小の校長だった加藤孔子・岩手大教職大学院特命教授が登場した。震災時、短縮授業のため、ほとんどの児童たちは既に下校していたが、自分たちで津波から避難し、全員が無事だったことを説明。「子どもたちは自分で命を守った。日ごろから記憶に残る防災教育をし、自分の命は自分で守るという意識を持つことが重要」と話し、「災害の記憶は時がたつと薄れる。伝承する必要がある」と強調した。

 また、兵庫県立舞子高校の鈴木あかね環境防災科長は、教員の中でも防災教育への熱量に温度差があるとし、「教える側の教員の意識も変えていく必要がある」と語った。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. マジック:ザ・ギャザリング
  3. 団結のドミナリア MTG コレクターブースター プロモパック付き 日本語版