MTG 戦慄衆の将軍、リリアナ 絵違い 日本語 PSA10 【おトク】

MTG 戦慄衆の将軍、リリアナ 絵違い 日本語 PSA10
目立った傷、汚れは見当たりません。 MTG mtg マジック マジック ザ ギャザリング psa psa 鑑定 灯争大戦 天野 リリアナ 天野リリアナ
電動キックスケーターを利用する人たち=東京都渋谷区で2022年10月18日午後8時54分、高井瞳撮影(画像の一部を加工しています)
電動キックスケーターを利用する人たち=東京都渋谷区で2022年10月18日午後8時54分、高井瞳撮影(画像の一部を加工しています)

 手軽な移動手段として普及が進む立ち乗り二輪車「電動キックスケーター」の事故や危険運転が多発している。9月には東京都内で全国初の死亡事故も発生。利用者の増加に対し、安全な乗車方法やルールの周知が追いついていないのが現状だ。大けがをしたり、事故の加害者になったりしないために利用者が気を付けるべきことは何か。

 警視庁交通総務課によると、都内の事故件数は2021年が68件(人身事故19件、物損事故49件)だったが、22年は8月末時点で80件(人身事故15件、物損事故65件)に上る。飲酒運転の取り締まり件数も21年の1件から22年は8月末時点で32件にまで急増。飲酒後、軽い気持ちで利用している人が多いとみられる。

 22年の事故で最も多いのは車や歩行者との接触事故で、全体の4割を占めた。車のミラーにぶつかったり、荷物が歩行者に当たったりするケースが目立つ。よそ見などによる車との追突も2割に上った。

パレードでは電動キックスケーターの安全な利用も呼び掛けられた=東京都三鷹市下連雀で2022年4月10日午前11時23分、林田奈々撮影
パレードでは電動キックスケーターの安全な利用も呼び掛けられた=東京都三鷹市下連雀で2022年4月10日午前11時23分、林田奈々撮影

 9月25日夜には、東京都中央区で全国初の死亡事故が起きた。マンション敷地内で電動スケーターに乗っていた会社役員の男性(52)が車止めに衝突し、体を前方に投げ出され、頭を強く打って死亡した。

 警視庁などによると、男性が乗っていたのは国の実証実験に参加しているシェアリング大手「LUUP」のスケーター。ヘルメットは実証実験の参加事業者のみの特例措置で任意着用となっており、かぶっていなかった。防犯カメラの映像などから、飲酒をしていた可能性もあるという。

 道路交通法上、電動スケーターは原付きバイク扱いのため、運転免許やナンバープレートの取り付けが必要で、ヘルメットの着用も原則義務づけられている。飲酒運転だけでなく、歩道走行も当然禁止だ。しかし、こうした一連の交通ルールを理解せずに利用している人は多いとみられる。

電動キックスケーターの安全な乗り方を学ぶお笑いコンビ「カミナリ」=東京都豊島区で2022年9月23日午前10時54分、岩崎歩撮影
電動キックスケーターの安全な乗り方を学ぶお笑いコンビ「カミナリ」=東京都豊島区で2022年9月23日午前10時54分、岩崎歩撮影

 24年4月までに施行される改正道交法により、今後は16歳以上は運転免許なしで乗車でき、ヘルメットも着用義務がなくなる。

 警視庁の担当者は「法改正までに取り締まりや啓発を徹底し、正しい利用方法を周知しなければ死亡事故が増加するおそれもある」と危機感を募らせる。

実証実験が始まった電動キックスケーター=奈良市で2022年8月17日午前10時11分、吉川雄飛撮影
実証実験が始まった電動キックスケーター=奈良市で2022年8月17日午前10時11分、吉川雄飛撮影

 死亡事故を受け、LUUP社は飲酒運転が発覚した場合、スケーターが利用できなくなることをアプリのトップ画面に表示するなど対策を強化。また、都内の繁華街などの貸し出しポートで、10月中の週末を中心に午後10時から午前6時まで警備員を配置し、利用者の飲酒の有無を確認する取り組みを始めた。

専門家「ルールや特徴をよく知って」

 電動スケーターの仕組みに詳しい専門家は現状をどう見ているのか。

電動キックスケーターを利用する人たち=東京都渋谷区で2022年10月18日午後8時17分、高井瞳撮影(画像の一部を加工しています)
電動キックスケーターを利用する人たち=東京都渋谷区で2022年10月18日午後8時17分、高井瞳撮影(画像の一部を加工しています)

 電動スケーターの開発製造を行う「フヂイエンヂニアリング」(三重県鈴鹿市)の藤井充社長(47)は「運転は簡単そうに見えるが、特性を理解しないと事故や大けがにつながりかねない」と指摘する。

 電動スケーターの特徴の一つに、タイヤの小ささがある。自転車が直径24~27インチ程度なのに対し、電動スケーターは8インチ程度のものが大半だ。

 そのため、路面のくぼみの影響を受けやすく、小さな段差を乗り越えられず前に倒れかかるケースは少なくないという。

 「普段、自転車で乗り越えていた段差をそのままの感覚で乗り越えようとすると転倒してしまう」と藤井さんは言う。

 また、電動スケーターは自転車より重心が30センチほど高い。サドルなどもないため車体と体が接触する部分は両手足の4カ所しかなく、衝撃を受けた際にバランスを崩しやすいという。

 藤井社長は、事前の乗り方講習の必要性を訴える。「ルールや特徴を知ることで、段差を避けたり無理な運転をしなかったりするなどの対策が取れる。正しい知識を持った上で、安全に楽しく利用してほしい」と話す。【高井瞳】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. マジック:ザ・ギャザリング
  3. 戦慄衆の将軍、リリアナ MTG 絵違い PSA10 日本語