戦慄衆の将軍、リリアナ PSA10 新発売の

戦慄衆の将軍、リリアナ  PSA10
リリアナpsa10です。 白カケなどありません。 即購入ok mtg 天野 日本絵
党首討論を終えて16日解散に言及した野田佳彦首相と握手する自民党の安倍晋三総裁=国会内で2012年11月14日午後3時49分、宮間俊樹撮影
党首討論を終えて16日解散に言及した野田佳彦首相と握手する自民党の安倍晋三総裁=国会内で2012年11月14日午後3時49分、宮間俊樹撮影

 「再びこの議場で、あなたと、言葉と言葉、魂と魂をぶつけ合い、火花散るような真剣勝負をしたかった」。立憲民主党の野田佳彦元首相は25日の衆院本会議で行った追悼演説で安倍晋三元首相の死を悼んだ。

 野田氏は首相時代、2012年11月14日、旧民主党代表として自民党総裁だった安倍氏との党首討論に臨んだ。その際、議員定数と議員歳費の削減を条件に衆院解散を宣言した。演説で野田氏は「あなたの少し驚いたような表情。その後の丁々発止。それら一瞬一瞬を決して忘れることはできない」と振り返った。野田氏は安倍氏について「いつの時も、手ごわい論客だった」と強調。「少しでも隙(すき)を見せれば容赦なく切りつけられる。張り詰めた緊張感。激しくぶつかり合う言葉と言葉。それは一対一の『果たし合い』の場だった」と述べた。

 野田氏は演説で、2回の「密談」の場面も明らかにした。

 一つは、12年12月26日、皇居での「安倍新首相」の親任式の際の控室でのやりとり。衆院選に勝ち、首相に返り咲いた安倍氏は「野田さんは安定感がありましたよ」「あの『ねじれ国会』でよく頑張り抜きましたね」「自分は5年で返り咲きました。あなたもいずれそういう日がやって来ますよ」といたわったという。野田氏は「その場はあたかも、傷ついた人を癒やすカウンセリングルームのようだった」と語った。

 もう一つは17年1月20日夜。野田氏は安倍氏と首相公邸でひそかに会い、当時の天皇陛下(現上皇陛下)の退位に向けて1時間あまり意見交換したと明かした。「腹を割ったざっくばらんな議論は次第に真剣な熱を帯びた」という。その結果、「国論を二分することのないよう立法府の総意を作るべきだ」との意見で一致。後の退位を実現するための皇室典範特例法制定につながっていったという。

 野田氏は一方で自身の「失言」もわびた。野田氏は12年の衆院選の際の大阪府寝屋川市の演説で「総理大臣たるには胆力が必要だ。途中でおなかが痛くなってはダメだ」と発言したことを挙げ、「語るも恥ずかしい大失言だ」と指摘。「天上のあなたに、深く、深く、おわび申し上げる」と述べた。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. マジック:ザ・ギャザリング
  3. 戦慄衆の将軍、リリアナ PSA10