mtg デッキ プロスブルーム ミラージュブロック 人気特価

mtg デッキ プロスブルーム ミラージュブロック
ミラージュブロックを代表するデッキです。当時の雰囲気を懐かしむことが出来るかと思います。 構成や状態などは写真でご確認ください。全体的に使用感が感じられます。プレイ用でお願いいたします。 ・プロフィールをご一読ください。 ・カードの状態は写真でご確認ください。 ・折れ対策、防水対策の上、発送いたします。 他にも多数MTGカードを出品しておりますので よろしければご覧ください #龍土庵出品カード MTG マジック・ザ・ギャザリング トレカ トレーディングカードゲーム ギャザ
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で 拡大
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で

 1971年に東京・渋谷で起きた「渋谷暴動事件」で、警察官を殺害したなどとして殺人罪などに問われた中核派活動家、大坂正明被告(73)は25日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた初公判で「全ての容疑について事実はない。無実であり無罪だ」と述べ、起訴内容を否認した。発生から約46年後の2017年に被告が逮捕されるという異例の経緯をたどった事件の公判は、被告と検察が全面的に争う構図となった。

 大坂被告は裁判長から名前を聞かれて名乗り、職業は「無職」と答えた。その後は「沖縄返還協定に反対した私を裁くことは不当」などと準備した書面を読み上げた。弁護側も無罪を主張した。

 起訴状などによると、大坂被告は71年11月14日、米軍駐留を認めた沖縄返還協定の批准阻止を訴える中核派系全学連の活動家らとともに渋谷で機動隊を襲撃し、新潟県警から派遣された中村恒雄巡査(当時21歳)を鉄パイプなどで殴った上で火炎瓶を投げつけて殺害したとされる。殺人以外に、現住建造物等放火、傷害、公務執行妨害、凶器準備集合の四つの罪にも問われている。

 検察側は冒頭陳述で、被告は集団の先頭に立ち、中村巡査を殴打した際に「殺せ」と叫んだと主張。弁護側は被告が殺害現場にいた客観的な証拠はないとしつつ、「集団の最後尾付近にいて事件に関与していない」と反論した。

 被告が問われた罪名は本来は全て公訴時効を迎えていたが、共謀したとされる男性の公判が病気を理由に停止されていたため、被告の時効の進行も停止していたとして起訴された。これに対し、弁護側は「男性は公訴棄却とすべきだったのに、違法に被告の立場にとどめ置かれた」と主張し、大坂被告の公訴時効は成立しているとして免訴の判決も求めた。

 殺人事件は裁判員裁判の対象だが、東京地裁は今年3月に裁判員裁判から除外する決定をした。今後の公判は23年3月までに証人尋問などで21回の審理が予定され、判決は23年4月以降になる見込み。

50年前の供述が争点に

 大坂正明被告の事件は発生から50年余が経過しており、検察側は「共犯者」の当時の供述調書を基に有罪立証を図る方針だ。一方、弁護側は当時の取り調べは違法だったとして、供述調書の任意性、信用性を争う。

 渋谷暴動事件では、被告と共謀したとして6人が逮捕され、公判途中に死亡した1人を除く5人の実刑が確定している。この確定判決は事件の動機を「中核派は機動隊を権力機構打倒への障壁として敵視していた。一部過激派分子が集団の意思を超え、突出して敢行した」と認定している。

 大坂被告は事件発生後に指名手配され、大阪府警が2017年5月に広島市内で公務執行妨害容疑(後に不起訴)で逮捕。被告は取り調べに氏名を黙秘したが、警察当局は親族とのDNA型の照合で本人と特定したとし、中村恒雄巡査への殺人容疑で同6月に再逮捕した。

 起訴後は裁判開始前の争点整理が長引き、初公判までに5年を要した。検察側は「大坂さんが現場で殴打に加わっていた」などと供述したとされる「共犯者」らの当時の調書を立証の柱に据えているとみられる。一方、弁護側は「当時は過酷な取り調べがあった」として、供述調書ではなく、今後の公判で出廷する証人の証言で有罪無罪を判断すべきだと主張する。

 中村巡査の両親や兄秀雄さんは既に他界している。新潟県警で中村さんと同期だった中野隆さん(71)は「中村巡査は警察官になったばかりで、これからという時に命を奪われた。なぜ悲惨な事件が起きて、被告はなぜ逃走を続けたのか。真実を話してほしい」と話している。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. マジック:ザ・ギャザリング
  3. mtg デッキ プロスブルーム ミラージュブロック