ヴァイスシュヴァルツ 取り戻すための戦いペコリーヌ SSP サイン 早割クーポン!

ヴァイスシュヴァルツ 取り戻すための戦いペコリーヌ SSP サイン
ご覧いただきありがとうございます。 プロフ、商品説明欄をご覧の上ご検討ください。 【状態】 状態に関しては鑑定に出したわけではないため美品であっても完美品をお求めの方はご遠慮下さい。また必ず画像にてご確認した上でご検討お願いします。 【発送方法】 ローダーに入れチャック付きの袋に梱包して発送いたします
大山山頂付近に朝日が昇る瞬間を大勢の人が待ち構えた=鳥取県米子市久米町の米子城跡で2022年10月22日午前6時44分、山田泰正撮影
大山山頂付近に朝日が昇る瞬間を大勢の人が待ち構えた=鳥取県米子市久米町の米子城跡で2022年10月22日午前6時44分、山田泰正撮影

 中国地方の最高峰「大山」(鳥取県大山町、1729メートル)の山頂に朝日が重なって見える「ダイヤモンド大山」の観望会が22日、鳥取県米子市久米町の米子城跡で開かれた。「絶景の城」として注目される米子城跡(国史跡)を観光資源として見直そうと、市が主催。県外からの観光客も含め、約1000人が城跡からのパノラマを楽しんだ。

 大山と米子市街は約20キロ離れており、米子城跡からのダイヤモンド大山は2月と10月のそれぞれ数日間のみ、気象条件の良い日だけ楽しめる。午前5時すぎから、懐中電灯を手にした参加者が続々と集まり、標高約90メートルの天守跡の広場へ。天候はあいにくの薄曇りで、日の出ははっきりとは確認できなかったが、午前6時40分ごろ、稜線(りょうせん)がオレンジ色に染まり出し、城下の市街地は一気に明るさを増した。

 米子城武者隊の隊員たちも甲冑(かっちゅう)に太刀を身につけて集合。旧米子藩のお家騒動を素材にした演舞を披露し、観客から盛んな拍手を浴びていた。

 米子市文化観光局の深田龍局長は「予想を超える参加者があり、関心の高まりを感じている。ダイヤモンド大山をきっかけに、今後も多くの方に米子城に親しんでもらえたら。市としては周辺整備を進めていきたい」と話した。【山田泰正】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. ヴァイスシュヴァルツ
  3. ヴァイスシュヴァルツ 取り戻すための戦いペコリーヌ SSP サイン