かぐや様は告らせたい  扉電源デッキ+新弾RR以下 4コン+パーツ 一流の品質

かぐや様は告らせたい  扉電源デッキ+新弾RR以下 4コン+パーツ
ヴァイス ヴァイスシュバルツ かぐや様は告らせたい かぐや様は告らせたい  扉電源デッキ+新弾RR以下 4コン+パーツ 画像1~3 デッキ 画像4 パーツ ※プレイ用です。気にされる方は 購入を控えて下さい。
新型コロナウイルスのワクチン接種準備が整った注射器=手塚耕一郎撮影 拡大
新型コロナウイルスのワクチン接種準備が整った注射器=手塚耕一郎撮影

 厚生労働省の専門部会は19日、新型コロナウイルスの追加接種用ワクチンについて、「5カ月以上」としていた接種間隔を「3カ月以上」に短縮する案を了承した。同省は近く短縮を正式決定する。

 重症化のリスクが高い高齢者の多くは今年7、8月に4回目接種を済ませている。接種間隔の短縮により、これらの人も年内に5回目の追加接種を受けられるようになる。今冬は季節性インフルエンザとの同時流行も懸念されており、政府は追加接種を加速させ、流行の波を抑制したい考えだ。

 接種間隔の短縮を認めるのは、ファイザー、モデルナ両社のオミクロン株対応ワクチン(2価ワクチン)と、従来型のワクチン。5~11歳向けの小児用ワクチンの追加接種は、従来通り5カ月間隔を維持する。

 国内で9月から実用化された2価ワクチンは、ファイザー社製が12歳以上、モデルナ社製が18歳以上が対象。2価ワクチンの追加接種により、オミクロン株に対し従来型ワクチンを上回る重症化予防効果や、一定の発症や感染を防ぐ効果が期待できるとされる。

 厚労省は9月、2価ワクチンを承認した際、接種間隔を5カ月以上と設定。当初は供給量が限られており、接種現場でワクチン不足を招かないための政策的判断だったが、米国が2カ月以上、欧州が3カ月以上の接種間隔としていることから、専門家から短縮を求める意見が出ていた。

 一方、厚労省は1~2回目を未接種で、接種を希望する人に対して、従来型ワクチンの供給が年内で終了するとして、年内に接種を終えるよう呼びかけている。【村田拓也】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. ヴァイスシュヴァルツ
  3. かぐや様は告らせたい  扉電源デッキ+新弾RR以下 4コン+パーツ