ヴァイスシュヴァルツ サイン デート・ア・ライブ 狂三sp 【国内正規品】

ヴァイスシュヴァルツ サイン デート・ア・ライブ 狂三sp
シリーズ···ヴァイスシュヴァルツ こちら自引きしたものになります。 写真の通り美品だと思います。 即発送いたします。 早い者勝ちでよろしくお願いしますm(_ _)m
佐賀地方裁判所=高橋広之撮影 拡大
佐賀地方裁判所=高橋広之撮影

 佐賀県鳥栖市で2021年9月、面識のない大塚千種(ちぐさ)さん(当時79歳)をハンマーで殴って殺害したとして、殺人などの罪に問われた元長崎大生の山口鴻志(こうし)被告(26)に対し、佐賀地裁の裁判員裁判は25日、懲役24年(求刑・同25年)の判決を言い渡した。

 岡崎忠之裁判長は、留年が確実になるなどして精神的に追い詰められた被告が、刑務所に入るしかないと考えたのが動機だとして「無関係の人を襲った理由としては、あまりに身勝手だ」と述べた。被告の弁護士は控訴について「被告と相談して決める」と述べた。

 被告は、事件前日にアパートの自室に火を付けたなどとして建造物損壊などの罪でも起訴され、公判で起訴内容を認めていた。弁護側は事件後の精神鑑定で、対人関係が苦手で特定の事柄に固執しやすい障害の特性が被告にあったとして量刑への考慮を求めていた。

 判決は、被告が1人でいた大塚さんを見かけて背後から近づき、悲鳴を上げているのも構わず、頭部を狙ってハンマーを複数回振り下ろしたと認定。「残忍で、無関係の人を狙った通り魔的犯行だ」と非難した。

 また、被告の障害の傾向が犯行を決意する上で直接的な影響を与えたわけではない、という精神鑑定を担当した医師の見解を重視。「犯行の主たる原因は被告の性格や考え方にある」として「障害(の傾向)を被告に有利に考慮するのは限界がある」と判断した。

 事件後に被告は自首したが、事件直後に出頭したわけではなく、刑務所に入るために事件を起こしたのに自首で刑が軽くなるのは「違和感がある」とした。

 言い渡し後、岡崎裁判長は「24年間は決して短くないとは思うが、被害者や遺族の痛みや悲しみについて深く考え、罪を償う期間にしてほしい。両親のためにも、あなた自身の抱える問題にも向き合って考え、更生されることを心から願っている」と説諭した。

 判決後、遺族は代理人弁護士を通じて「被告を一生許せないという気持ちに変わりはない。(被告には)判決をきちんと受け止め、刑に服してもらいたい」とのコメントを出した。

 判決によると、21年9月10日午後1時ごろ、鳥栖市の民家の敷地内で大塚さんの頭部を複数回殴って殺害。前日には長崎市内のアパートの自室に火を付け、床を焼くなどした。【山口響】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. ヴァイスシュヴァルツ
  3. ヴァイスシュヴァルツ サイン 狂三sp デート・ア・ライブ