WS 夢見るステージ 近江彼方 SSP 【格安saleスタート】

WS 夢見るステージ 近江彼方 SSP
トラブル防止のためプレイ用でお願いします。 即購入可能です。発送時はスリーブに入れ水濡れ防止対策をして発送します。なおカードローダーにも入れさせて頂きます。 よろしくお願いします。
男子ゴルフ、アマチュアの蟬川泰果選手=岸本悠撮影 拡大
男子ゴルフ、アマチュアの蟬川泰果選手=岸本悠撮影

 国内男子ゴルフのメジャー大会、日本オープン選手権は22日、兵庫県三木市の三甲ゴルフ倶楽部ジャパンコースで第3ラウンドがあり、首位タイで出たアマチュアの蟬川泰果(東北福祉大)が通算13アンダーで2位に6打差をつけて単独首位に立った。

 今大会のコースは「日本オープンにふさわしい難易度を」と距離やピンの位置が難しく設定され、「優勝争いのスコアは5アンダーぐらい」と関係者からささやかれていた。だが、アマチュアの蟬川泰果は多くの選手がてこずるのを横目に、1イーグル、7バーディー、2ボギーで七つもスコアを伸ばした。これには心地よい響きの声の解説で知られ、大会のゼネラルプロデューサーを務める戸張捷さんも「びっくりした」と舌を巻いた。

 「緊張感なく、楽しく回れている」という蟬川は思い通りのプレーができている。特に持ち味のドライバーの正確さが難コースの攻略に効いている。9月のパナソニック・オープンで男子ツアー史上6人目のアマチュア優勝を果たした自信がリラックスを生んでいるという。

 アマチュア選手が日本オープンを制したら1927年の第1回大会の赤星六郎以来、95年ぶりとなる。21歳のホープは快挙に挑む。【吉見裕都】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

新型コロナウィルス感染者の発生による営業対応について

  1. ホーム
  2. ヴァイスシュヴァルツ
  3. WS 夢見るステージ SSP 近江彼方